医院では、子宮内避妊システム「ミレーナ 52mg 」の取り扱いを始めました。

 子宮内避妊システム( IUS : Intrauterine System )「ミレーナ 52mg 」の取り扱いを始めました。ミレーナは、黄体ホルモン放出子宮内避妊システムという全く新しい避妊法であり、子宮内に装着し、レボノルゲストレル(黄体ホルモン)を持続的に放出することにより、子宮内膜に作用し内膜を薄くします。子宮や卵管における精子の通過を阻止して、妊娠の成立を阻害し、 5 年間にわたり高い避妊効果を発揮します。今まで避妊具として使用していた IUD (リングという呼び名が一般でしょうか)は子宮内に異物を入れることによって、その阻害効果で避妊を可能にしていましたが、子宮内膜の炎症などの副作用に注意しなければいけませんでした。しかしこの IUS は黄体ホルモンを放出するため、子宮内膜自体を薄くする効果があり内膜炎などを起こさないで挿入可能です。従って IUD が避妊装具であるのに対してミレーナ( IUS )は医薬品になるわけです。
 海外では、すでに 111 カ国で避妊を適応として承認されており、世界中で最も信頼されている避妊法のひとつです。ミレーナは出産経験があり、これ以上妊娠を希望しない女性、次の出産まで期間をあけたい女性、長期にわたり避妊を望む女性に非常に適した避妊法です。

低用量ピル( OC )と IUS の比較(利点)

 厳密な事を言うと、 OC は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤です。 IUS は子宮内にのみ黄体ホルモンが作用します。ここが薬理作用として違う点になります。そして、 IUS のホルモンは、全身には渡らないので、 OC で気になるむくみ、吐き気、頭痛等の内服薬ならではの副作用が出にくくなっています。 又、黄体ホルモン単剤なので、 OC で心配する血栓症のリスクもなく、高血圧の方、肥満傾向の方、喫煙している方に使用しやすいという点がメリットです。一度装着をすると5年間有効であり、最初の1年以内にほとんど出血がなくなり、無月経になる方もいます。(卵巣は機能しているので更年期になる事はありません)生理のわずらわしさからも解放されます。

IUS の欠点

 最初の1 ? 2ヶ月程度に少量の持続する不正出血が出現しやすい事があります。体に害や支障はありませんが慣れるまではわずらわしいかもしれません。
 挿入時は軽い痛みを伴う事が予想されます。原則は外来で数分で装着可能です。 OC と比較して、子宮筋腫や子宮腺筋症の出血量コントロールは出来ますが、卵巣癌予防や子宮内膜症の進行抑制は OC の方が優れています。

****************************************************************

 当院ではこのミレーナは予約制で、全操作を80,000円で行なっています。ただし、 適応などを調べるために検査を行うため、事前に 5,000 ~ 10,000 円ほど必要です。 使用できるのは、お子さんを分娩された経験のある方のみです
  

 
Copyright 2004 Women's clinic Kamimura, All rights Reserveredaaa