これらの情報が、更年期を上手に乗り越えて、
より健やかな生活を手に入れるために 役立ちますように。

 

Q 1:更年期障害って?
  閉経前後に、女性ホルモン(エストロゲン)の減少などによって起こる、自律神経失調症状を主体とした様々な症状を、 更年期障害 と呼びます。
  加齢に伴って、急速に性腺機能が低下し、 特に卵巣では卵胞発育、排卵黄体形成の一連の機能が停止して、萎縮します。これに伴ってエストロゲンの分泌が低下し、様々な症状が出ます。

Q 2:更年期っていつごろ?
  一般的には、閉経前後の各 5 年間、計 10 年間を一般に指すことが多いようです。
  ですが、個人差がありますので、そういう年齢にこだわるよりも、その人その人の状態に応じて、認識した方が良いでしょう。
  参考として、日本人の平均閉経年齢は 50 歳です。

Q 3:閉経にはまだ程遠いのに、更年期の症状があるのですが・・・
  若年女性でも、ストレスなどで卵巣機能が低下し、ホルモンバランスが不安定になると、更年期と同様の症状があります。ホルモン補充療法がやはりメインになります。

Q 4:更年期障害の症状にはどんなものがあるのですか?
 「更年期障害」は平均の閉経年令50歳周辺(45~55歳ころ)に起きる様々な症状を全て言います。ですから、精神的な症状や身体的な症状が一緒にでる方もおられます。更年期の症状は非常に多いのが特徴です。

全身的な症状
 (顔のほてり、のぼせ、汗かき、動悸、脈が早まる、めまい、疲れやすい、冷え、頭痛、肥満、やせ、むくみ、トイレが近い、皮膚の乾燥・かゆみ)

運動器官系統の症状
  (肩こり、腰痛、手足のしびれ、関節痛)

精神的な症状
  (イライラ、不安、落ち込みやすい、神経質、不眠、熟睡感がない、意欲低下、物忘れ、のどのつかえ感)

生殖器系の症状
  (月経不順、性交痛、性欲の低下)

消化器系統の症状
  (吐き気、嘔吐、食欲不振、食欲亢進)

Q 5:更年期障害の診断は、検査をするのですか?
  上記の自覚症状のほか、血中のエストラジオール濃度、 FSH (卵胞刺激ホルモン)濃度を参考にします。そのほか、血清脂質や骨粗しょう症に関する検査も必要になることがあります。

 ⇒更年期障害用の問診票は、≪こちら≫です。

 
Copyright 2004 Women's clinic Kamimura, All rights Reserveredaaa