高校、大学等受験を控えたみなさんへ

 受験日が複数日ある方も、受験日と月経が重ならないように調節することができます。

 例えば県外での受験、 2 週間にわたって受験日がある‥受験という精神的な負担の上に更に移動や宿泊、途切れない緊張感、それに月経が重なるとしたら、辛く感じる方もいらっしゃると思います。そのような時、 OC が助けになれば幸いと思います。

 使用するのは低用量ピル (OC) です。当院で受験生によく使用する OC は一相性のオーソM 21 ® です。コントロールすること以外の大きな特長は月経の量が減る、月経痛が軽くなるなどがあります。そのため、合格後も引き続き内服を続ける人が多いです。

 それでは具体的に説明してみましょう。

・例えばを試験の日、を月経予定日だとします。でも・・・・・
OCを使うと に簡単に月経をずらせることができます。
 


・またどんな間隔で試験がいくつあったとしても、OC を使うと月経を全ての試験からずらすことが可能です

・まず、近くの婦人科を受診します、必要な問診を書いて、血圧、身長、体重測定をします。
・さらに必要な検査を言われたら、その検査をうけて、異常がなければ1相性のOC を処方してもらいます。




・まずは受験の2~3か月前からOCを内服して体を慣らしましょう。
3週間薬を飲んで、
1週間休薬します。
・休薬期間に月経が開始します。
が基本的な内服の方法です。
 

はOCを飲む日
は休薬している日
は月経が来る予測日

・21日間内服して1週間休薬する、これが基本的な飲み方です。
 
・そろそろ推薦などの試験ですね。  
・22日に試験があるとします。このまま3週間飲んで1週間休薬すると生理になりますね。この場合はOCを4週間飲みましょう。

・5週間目に休薬すると、ほら月経は見事にずれますね。
・1月そろそろセンター試験が近づいてきました。ドキドキですね。
 


仮に28日、29日がセンター試験だとしますね。このまま飲んでいると月経になってしまいます。
・前のように後ろにずらす方法もありますが、その次の週にも試験があるかも知れませんね。この場合後ろにずらせません。
・でもOCは最低2週間飲めば月経を起こすことが可能です。つまり左のようにすれば大丈夫な訳です。
 
・OCでのコントロールの方法はだいたい分かってきましたか?
 

・OCは2週間以上飲めば月経を早く起こすことができるし、また長く飲めば月経を遅らせる事が可能なのです。



・左のように17日間薬を飲んで、1週間休むということも可能です。

ここまで読んでよくわからない方、相談だけでも大丈夫です。予約を取ってご来院ください。わかりやすく、説明します。受験日がわかるスケジュール帳をお持ち下さい。

 
Copyright 2004 Women's clinic Kamimura, All rights Reserveredaaa